青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 GSPA
MENU

研究科・教員案内

教授:橋本 尚(はしもと たかし)

担当科目
財務会計I・II、国際会計I・II、財務諸表、公監査、内部監査、演習I・II・III・IV、研究指導I・II・III・IV
プロフィール
1982年早稲田大学商学部卒業、1984年早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了、1991年早稲田大学大学院商学研究科博士後期課程単位取得満期退学。1991年関東学園大学経済学部専任講師(1995年助教授)、1996年駿河台大学経済学部助教授(1999年教授)、2003年日本大学商学部教授、2005年4月より現職。2001~2002年ハワイ東西センターにて客員研究員。金融庁企業会計審議会委員、国際会計研究学会理事、IFRS教育研修委員会委員、日本内部統制研究学会理事、日本会計教育学会副会長。
主要業績等
『財務会計理論』同文舘出版 2005年。
メッセージ
会計プロフェッションは、公共の利益の番人として、その保護を図るという重要な社会的責任を負っています。その責任を効果的に遂行するためには、専門能力(competence)と誠実性(integrity)という2つの属性を身につけることが不可欠です。「教育こそ原点である」との視点に立って、単なる会計の知識や技術だけでなく、「会計の心」を教えることを強く意識して、「学び方を学ぶ」ことを神髄とする「考える会計学」を実践することにより、青山学院らしい高度な倫理観と国際的なバランス感覚を植えつけていきたいと考えておりますので、皆さんも真摯な態度で主体的かつ積極的に学ぶ姿勢を持ち続けて下さい。