青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 GSPA
MENU

研究科・教員案内

特任教授:金田 勇(かねだ いさむ)

担当科目
租税法事例研究III、管理会計事例研究I、演習III・IV、研究指導I・II・III・IV
プロフィール
早稲田大学商学部卒業、同大学大学院商学研究科博士前期課程修了、同大学大学院経済学研究科博士前期課程修了。太田昭和監査法人(現 新日本監査法人)において主として法定監査業務に従事したのち、金田公認会計士事務所、金田税理士事務所を開業。青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科特任教授(2005年4月-2010年3月)、同研究科客員教授(2010年4月-2015年3月)を経て、2015年4月より現職。法政大学大学院イノベーション・マネジメント研究科兼任教授(現任)。上場会社の社外取締役(現任)。
主要業績等
【主な研究業績】「格付けと企業分析」(『駿河台経済論集』1996、駿河台大学)、「わが国の証券市場における税制問題」(『駿河台経済論集』1997、駿河台大学)、公認会計士試験論文式演習管理会計論(共著、同文舘2008)、など
【社会的活動】公認会計士試験委員(租税法担当2010-2011)、日本公認会計士協会修了考査試験委員(租税法担当2008-2011)、日本公認会計士協会租税調査会専門委員、日本公認会計士協会学術賞審査委員会委員、一般社団法人日本公認不正検査士協会監事、日本内部統制研究学会評議員など
メッセージ
激動する世界経済のなかで、会計プロフェッションに求められる社会的な期待と役割はますます大きく広がっています。すなわち、会計プロフェッションは、単に会計・税務・監査の分野だけでなく、様々な分野で活躍することが求められています。そのためには、高度な専門的知識と経験、そして高い倫理観を身に付けることが必要になります。本大学院は、学生を真の会計プロフェッションに育成するところですが、さらに学生が能動的かつ積極的に取り組むことによって、その効果は高まり、幅広く活躍のできる優秀かつ能力ある会計プロフェッションに育つことになります。私も積極的に実務経験を踏まえたアドバイスをして、皆さんの夢を実現させていきたいと思っています。