青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 GSPA
MENU

コースのご案内

USCPAを目指す

本研究科では、下記の2つのコースを用意し、USCPA(米国公認会計士)試験合格を目指す学生をサポートしています。
本研究科の特徴は、

  • USCPA試験に必要な会計、監査、税務知識の基礎をなす考え方を学べます。また、事例や事案を題材とした「事例研究」や少人数の「演習(ゼミ)」、さらに、各自の問題意識に沿って調査・研究を進め、理論的に筋道の通った研究成果を発表する修士論文やリサーチ・ペーパーの作成により、USCPAとして必要な知識を習得し、「考える会計学」を身につけることができます。
  • USCPA試験合格をサポートする課外講座(USCPA試験対策講座)を受講できます。
  • EY新日本有限責任監査法人、太陽有限責任監査法人、日本内部監査協会、日本政策投資銀行からの講座(寄附講座)を受けて、最先端の実務を学べます。
  • エクスターンシップを受講できます。ここでは、それまでの講義やゼミで学んだ知識が、実務の現場(監査法人等)でどのように適用されているのかを、実務体験を通して学ぶことができます。

標準2年制学部卒社会人

2年間で修了するコースです。

①「会計監査プログラム」を選択して、会計・監査必修科目で基礎知識を固めたあと、より上級の会計・監査の知識、事例研究を通して専門力を身につけることができます。

②「税務マネジメントプログラム」を選択して、会計・監査必修科目で基礎知識を固めたあと、より上級の税務の知識、事例研究を通して専門力を身につけることができます。

3年制社会人

標準2年制と中身は同じですが、3年間で修了するコースです。社会人の方が、お仕事を無理なく続けながら、ご自身の研究を深めていただき、ご自身のペースで修了することができるコースです。

キャリアアップ・コース1年半制社会人(実務経験有)

会計・税務の実務経験が3年以上の方を対象としており、1年半で修了するコースです。財務や経理など会計の仕事に従事されている方が、USCPAの資格を取得してステップアップを目指すコースです。

①「会計監査プログラム」を選択して、会計・監査必修科目で基礎知識を固めたあと、より上級の会計・監査の知識、事例研究を通して専門力を身につけることができます。

②「税務マネジメントプログラム」を選択して、会計・監査必修科目で基礎知識を固めたあと、より上級の税務の知識、事例研究を通して専門力を身につけることができます。