青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 GSPA
MENU

研究機関

『青山アカウンティング・レビュー』バックナンバー

第7号テーマ『日本的経営とガバナンス』
2017.10.10刊 定価(本体2,100円+税)
巻頭言 「日本的経営とサステナビリティ会計」
小西 範幸(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長 教授 )
特集I 対談「日本的経営とガバナンス」
斉藤 惇(KKRジャパン 会長)VS.八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
特集II 日本企業のグループマネジメントと会計情報の貢献
「グローバル連結管理会計の現状と課題-情報システムとコントロール・パッケージ-」
窪田 祐一(南山大学大学院ビジネス研究科 教授)
「新たな経営コアコンピタンスとしてのデータマネジメント能力」
南雲 岳彦(三菱UFJフィナンシャル・グループ 執行役員・経営情報統括部長)
「グループ戦略とセグメント情報-マネジメント・アプローチとソニーグループから学ぶ-」
平岡 秀福(創価大学経営学部・大学院経済学研究科 教授)
「日本の自動車産業におけるビジネスのグローバル化と管理会計」
今井 範行(甲南大学ビジネス・イノベーション研究所 客員特別研究員)
「グローバルSCMのための管理会計情報の有用性」
浜田 和樹(関西学院大学商学部 教授)
「グローバル企業の財務情報リスクとリスクマネジメント」
髙野 仁一(AUTOROBOT,LTD. CEO )
「組織間関係と管理会計」
山口 直也(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 准教授)
特集III 「日本的経営とガバナンス」の再検討
「日本的経営とリスクテイク」
中野 誠(一橋大学大学院商学研究科 教授)
「日本的経営と企業統治:ハイブリッドな構造のファインチューニングに向けて」
宮島 英昭(早稲田大学商学学術院 教授 早稲田大学高等研究所 所長)
「水素水とコーポレートガバナンス《改革》」
なんぢ我を見しによりて信じたり、見ずして信じる者は幸福なり ヨハネ伝福音書20:29
福井 義高(青山学院大学大学院国際マネジメント研究科 教授)
特集IV 第15回 青山学院 会計サミット「日本的経営とガバナンス」
第一部 基調講演

「ガバナンス議論の潮流-過去・現在、そして未来-」
八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)


第二部 パネル討論会

〈コーディネータ〉
町田 祥弘(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
〈パネリスト〉
磯山 友幸(経済ジャーナリスト)
大崎 貞和(株式会社野村総合研究所未来創発センター 主席研究員)
久保利 英明(日比谷パーク法律事務所 代表弁護士)
関根 愛子(日本公認会計士協会 会長)
八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

(所属肩書は会計サミット当日)
Book Review 『アメーバ経営の進化-理論と実践』
多賀谷 充(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

『「良心」から企業統治を考える』
小林 裕明(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
Relay Essay 次代の会計プロフェッションへのメッセージ
「会計の新時代にみる会計プロフェッションの可能性」
小西 範幸(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長・教授)
「次は、仕事で会おう」
町田 祥弘(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

書籍のご購入はこちらから

第6号テーマ『これからの会計監査のあり方を考える』
2016.10.10刊 定価(本体2,100円+税)
巻頭言 小西 範幸(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長 教授)
特集I 対談「これからの会計監査のあり方を考える」
池田 唯一(金融庁総務企画局長)VS.八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
特集II 会計監査の在り方
「監査法人のガバナンス・コードの在り方 」
町田 祥弘(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
「信頼性確保のための監査法人における取組み」
木村 浩一郎(PwCあらた有限責任監査法人 代表執行役)
「証券市場向け監査情報の充実」
松本 祥尚(関西大学大学院会計研究科 教授)
「財務諸表利用者から見た監査報告書の長文化・監査法人の透明性向上」
吉井 一洋(大和総研金融調査部 制度調査担当部長)
「監査人の不正摘発力の向上」
堀江 正之(日本大学商学部 教授)
「不正対応に求められる監査人のITスキル」
中原 國尋(株式会社レキシコム 代表取締役)
「監査事務所のローテーション制度の再検討」
林 隆敏(関西学院大学商学部 教授)
「監査役等にとっての会計監査の品質管理」
永田 雅仁(公益社団法人日本監査役協会 専務理事)
「監査環境整備のための企業の責任」
蟹江 章(北海道大学大学院経済学研究科 教授)
「高品質な会計監査の実現に向けて」
石原 秀威(新日鐵住金株式会社 執行役員財務部長)
特集III 監査監督機関のこれまでとこれから
「監査監督機関国際フォーラムの揺藍期」
脇田 良一(明治学院大学 名誉教授)
「会計監査への期待と監督当局の今後のあり方」
佐々木 清隆(金融庁証券取引等監視委員会 事務局長)
特集IV 第14回 青山学院 会計サミット第二部 パネル討論会
「今、改めて問う わが国の監査のあり方」
〈コーディネータ〉
町田 祥弘(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科教授)

〈パネリスト〉
鈴木 康史(日本取引所自主規制法人 常任理事)
今給黎 真一(株式会社日立製作所財務統括本部 担当本部長)
天谷 知子(金融庁総務企画局 審議官(検査局担当)兼 公認会計士・監査審査会 事務局長)
野村 嘉浩(野村證券株式会社エクイティ・リサーチ部 シニアストラテジスト)
手塚 正彦(有限責任監査法人トーマツ 統合報告アドバイザリー室長 パートナー)
(所属肩書は会計サミット当日)
Book Review 『粉飾決算 問われる監査と内部統制』
松井 隆幸(公認会計士・監査審査会 常勤委員)

『公認会計士の将来像』
金田 勇(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 特任教授)
Relay Essay 「職業的懐疑心教育」
多賀谷 充(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

「公認会計士なくして日本経済に未来なし」
浜田 康(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 特任教授)

書籍のご購入はこちらから

第5号テーマ『投資家との新たなコミュニケーション』
2015.10.01刊 定価(本体2,000円+税)
巻頭言 松井 隆幸(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長・教授)
特集I 対談「投資家との新たなコミュニケーション」
冨山和彦(株式会社経営共創基盤 代表取締役CEO)VS. 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
特集II 統合報告制度確立への展望と課題
「統合報告の現状と課題 ―我が国での統合報告書の開示実態に焦点をあてて― 」
小西 範幸(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
松山 将之(日本政策投資銀行設備投資研究所 主任研究員)
神藤 浩明(政策研究大学院大学 教授)
「持続的成長に向けた企業と投資家の対話促進について」
畠山 多聞(経済産業省経済産業政策局企業会計室 室長補佐)
「経営管理からみた統合報告の役割と課題」
内山 哲彦(千葉大学法政経学部 教授)
「統合報告書の作成・公表を通じた持続的な企業価値の向上」
安藤聡(オムロン株式会社 執行役員常務)
「統合報告の信頼性の確保に向けた国際的な動向」
山口峰男(PwCあらた監査法人 PwCあらた基礎研究所 所長)
「アナリストからみた統合報告書への期待と課題」
鈴木 行生(株式会社日本ベル投資研究所 代表取締役主席アナリスト)
特集III IFRSとガバナンス・コードに関する現状と課題
「IFRS対応の現状」
橋本 尚(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
「IFRS対応の課題―何がなぜ受入困難か―」
徳賀 芳弘(京都大学経営管理研究部 教授)
「ガバナンス・コードの現状~2つのコードと伊藤レポートの意義」
北川 哲雄(青山学院大学大学院国際マネジメント研究科 教授)
「ガバナンス・コードの問題点―会社法改正への熱意が不可欠―」
上村 達男(早稲田大学法学部 教授)
特集IV 第13回 青山学院 会計サミット第二部 パネル討論会
「投資家との新たなコミュニケーション」
<コーディネータ>
多賀谷 充(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

<パネリスト>
斉藤 惇 (株式会社日本取引所グループ 前・代表執行役グループCEO)
永田 雅仁(日本監査役協会 専務理事)
山田 治彦(日本公認会計士協会 副会長)
川本 裕子(早稲田大学大学院ファイナンス研究科 教授)
江原 伸好(ユニゾン・キャピタル株式会社 代表取締役)

書籍のご購入はこちらから

第4号テーマ『法と会計:会計判断は法制度を超えられるか?』
2014.10.15刊 定価(本体2,000円+税)
巻頭言 小倉 昇(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長・教授)
特集I 対談「法と会計:会計判断は法制度を超えられるか?」
松尾 直彦(弁護士)VS 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
特集II 法制度における会計
<会社法>
「裁判所は会計基準をどうみているのか-最近の動向を中心として」弥永 真生
「法と会計学との架橋-会社法が求める「公正な会計慣行」とは」重田 麻紀子

<金融商品取引法>
「会計基準等の法規範性と会計実務家の「リーガル・マインド」」尾崎 安央
「財務情報の拡張と開示制度」多賀谷 充

<税法>
「租税法と会計における解釈・認定・適用の構造」佐藤 正勝
「会計の実質優先思考と租税法の解釈適用」小林 裕明
特集III 会計判断・監査判断・相当性の判断
「会計基準の法規範上の位置と基準開発」西川 郁夫
「監査判断の変化とその課題」牟禮 恵美子
「会計監査人の監査の方法と結果の相当性と監査役」中村 直人
特集IV 「IFRS対応の将来像 わが国における主体的な取組みに向けて」
<コーディネータ>
橋本 尚(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)

<パネリスト>
小賀坂 敦(企業会計基準委員会 副委員長)
阿部 泰久(一般社団法人日本経済団体連合会 常務理事)
関根 愛子(日本公認会計士協会 副会長)
安井 良太(株式会社東京証券取引所 上場部長)
金井 広一(エーザイ株式会社 執行役員経理部長)

書籍のご購入はこちらから

第3号テーマ『乱気流経済下の業績評価:会計は羅針盤になれるのか?』
2013.11.15刊 定価(本体2,000円+税)
巻頭言 小倉 昇(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究センター センター長)
特集I 対談「乱気流経済下の業績評価-会計は羅針盤になれるのか?-」
大谷 邦夫(株式会社ニチレイ 代表取締役社長・CSR本部長)VS 唐沢 昌敬(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 教授)
特集II 乱気流経済下の業績評価
「環境変化の中の戦略経営と人材経営(管理会計の貢献)」小倉 昇
「人本主義企業をめざす管理会計」水野 一郎
「アメーバ経営と経営改革~部門別採算制度の導入~」森田 直行
「乱気流経済下の業績評価システムの役割」丹生谷 晋
「企業価値創造経営の再評価 経営指標の観点から」本合 暁詩
「地方自治体の経営改革と公会計情報の活用-町田市の公会計制度改革の事例から-」鵜川 正樹
特集III コストマネジメントの過去・現在・未来
「価値創造のコストマネジメントに向けて」山本 浩二
「原価管理からみた「原価計算基準」の呪縛」小沢 浩
特集IV 「パブリックセクターのマネジメントと会計改革」
<コーディネーター>
小倉 昇(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長・教授)

<パネリスト>
梶川 融(太陽ASG有限責任監査法人 総括代表社員)
副島 建(東京都会計管理局 会計制度担当部長)
樫谷 隆夫(ブレイングループ代表)
小林 麻理(早稲田大学大学院政治学研究科 教授)
鵜川 正樹(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科 特任教授)

書籍のご購入はこちらから

第2号テーマ『監査は不正を見抜けるか?』
2012.11.10刊 定価(本体2,200円+税)
巻頭言 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会 会長)
特集I 対談「監査は不正を見抜けるか?-監査に対する期待と現実-」
久保利 英明(日比谷パーク法律事務所代表 弁護士)VS 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会 会長)
特集II 監査の現状と課題
「三様監査の要は、監査役」松井 隆幸
「不正問題に対する監査上の取組みについて」町田 祥弘
「財務諸表監査と不正-監査人としての公認会計士の果たすべき役割・使命-」手塚 仙夫
「監査人の新しい期待GAP-不正発見の期待に応えて-」松永 幸廣
「証券市場から見た監査制度への期待」静 正樹
「資本市場からみた監査」引頭 麻実
「会計不正等に対応した監査基準の見直しについて」栗田 照久
「国際監査・保証基準審議会(IAASB)による基準設定の動向と課題」関口 智知
「会計監査における監査人の義務と責任」黒沼 悦郎
「不正行為の監査における会計法制の役割」中東 正文
特集III 監査基準の過去・現在・未来
「監査人の役割の明示」脇田 良一
「監査基準の精緻化」友杉 芳正
特別企画 「企業不正を巡る諸課題~その防止と発見を目指して~」
<コーディネーター>
八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長)

<パネリスト>
山崎 彰三(日本公認会計士協会 会長)
太田 順司(公益社団法人日本監査役協会 会長)
伏屋 和彦(社団法人日本内部監査協会 会長)
斉藤 惇 (株式会社東京証券取引所グループ 取締役兼代表執行役社長)
國廣 正 (国広総合法律事務所 弁護士・パートナー)

書籍のご購入はこちらから

創刊号テーマ『日本経済の復活の鍵は、IFRSにあり!』
2012.1.10刊 定価(本体1,800円+税)
創刊の辞 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会 会長)
創刊にあたって 半田 正夫(青山学院 理事長)
仙波 憲一(青山学院大学 学長)
創刊を祝して 斉藤 惇(株式会社東京証券取引所グループ 取締役兼代表執行役社長)
山崎 彰三(日本公認会計士協会 会長)
太田 順司(公益社団法人日本監査役協会 会長)
伏屋 和彦(社団法人日本内部監査協会 会長)
特集I 対談「日本経済の復活の鍵は、IFRSにあり!」
藤沼 亜起(IFRS財団トラスティ―副議長/中央大学大学院ビジネススクール 特任教授) VS 八田 進二(青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科長 教授
特集II IFRSと会計戦略
「『IFRSに異議あり』に異議あり」橋本 尚
「IFRSの導入と概念フレームワークの役割」小西 範幸
「IASBでの10年間を振り返って」」山田辰己
「IFRSはどのようにして作られているのか」鶯地 隆継
「米国におけるIFRS対応の現状」山田 善隆
「各国におけるIFRS導入に向けての取組みの状況」木内 仁志
「会計と通貨のグローバル・スタンダード-その類似点と相違点-」神藤 浩明
「当社におけるIFRSへの取組みについて」金井 広一
特集III 国際会計-過去・現在・未来
「IFRSの誕生・成長・将来」中島 省吾
「IFRS導入に向けて-IFRSの回顧と展望-」川北 博
「IASCを創った人びとと理念」藤田 幸男

書籍のご購入はこちらから