研究機関

会計プロフェッション研究学会

青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会は、青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科の開設とともに2005年に設立されました。

会計と監査領域においては公認会計士の職業倫理の陶冶が要請され、専門職大学院には国際的な会計基準と監査基準を取り入れた職業会計士教育が求められています。会計プロフェッション研究科では、健全な会計マインドを備えたプロフェッションの養成を目指して研究教員と実務家教員が教育と研究水準の高揚を目標に努力し、これを教育・研究現場や実務現場に適用されるべく学内・学外で活動しております。

会計プロフェッション研究学会は、研究科の教員および学生を構成員として、会計学及びその関連分野の研究とその研究成果の発表を目的として、学術雑誌の発行や、講演会・研究会の開催などを行っています。

→会計プロフェッション研究学会会則

機関誌「会計プロフェッション」 (年1回発行・2005年度創刊)

会計プロフェッション研究科に所属する教員及び院生をもって組織された会計プロフェッション研究学会は、教員の研究成果を発表する場として、そして発表された論文を基に院生の教育に資することを目的として機関誌『会計プロフェッション』を刊行することを主要な任務としています。本機関誌は、特に近年の会計・監査領域の大変動の中での成果を社会に問うものであり、広く会計プロフェッションの研究・実務業務に貢献すべく編集されたものです。
第12号 2016年度 目次
p 著者 タイトル
3 松井 隆幸 =シンポジウム=
第11回シンポジウム 講演
公認会計士・監査審査会の社会的役割
19 鵜川 正樹 ストック・オプションの会計と法人税に関する一考察
39 小倉 昇 原価計算方法のコスト・ベネフィット分析
─総合原価計算と個別原価計算の選択─
53 小林 裕明 不動産流動化に関する判決の比較分析と公正処理基準該当性の考察について
67 佐藤 正勝 BEPS問題とは何か
─OECD最終報告書を事例で理解する─
83 重田 麻紀子 会社の機会の理論をめぐる各国の法状況
101 多賀谷 充 監査人のバイアスに関する制度上の考察
111 橋本 尚 IFRS Education and Training in Japan: The Current Situation and Future Direction
123 八田 進二 三様監査の誤解を解く
141 町田 祥弘 監査の品質の新たな属性
─監査法人の強制的交代制導入問題のパラダイムシフト─
159 牟禮 恵美子 カップ・社会的費用論の再検討
─新たな環境会計の構築に向けて─
169 山口 直也 製品開発アプローチの変革と原価企画
185 近藤 努 日本企業における統合報告書を通じた戦略情報の開示について
─統合報告書作成企業の実態調査をもとに─
203 本多 八穗 借用概念論における租税法と外国私法との交錯
─外国事業体の「法人」該当性を中心として─
221 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会会則
224 青山学院大学大学院会計プロフェッション研究科附置会計プロフェッション研究センター規則
229 編集後記

機関誌『会計プロフェッション』 バックナンバー

『会計プロフェッション』をご希望の方は、会計プロフェッション研究科合同研究室にてお渡ししております(在庫がある場合に限ります)。郵送をご希望の場合は、送料のみ実費をご負担いただきますので事前にお問い合わせ下さい。お名前・送付先住所・お電話番号を明記したメモと送料分の切手を同封のうえ下記にお送りください。

<お問い合わせ>
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 16号館
青山学院大学会計プロフェッション研究科合同研究室内
「青山学院大学大学院会計プロフェッション研究学会」
電話番号:03-3409-6047