青山学院大学大学院 会計プロフェッション研究科 GSPA
MENU

キャンパスライフ

修了生の声

生命保険会社勤務

佐藤 貴也

会計・監査の専門知識を身につけることで
自分の付加価値を高めようと考えました
社会人になり数年が経った頃から、漠然と自分の専門性を高めたいと思うようになりました。その後、主計部に異動したことで会計知識の必要性を痛感するとともに…
続きはこちら
先生方や多くの友人に支え、励まされ、
国税専門官への挑戦を決意しました

諏訪部 未帆 Miho SUWABE

2019年3月修了
東京国税局勤務

Message
 私は大学で企業会計を学んだことがきっかけで、社会における会計の重要性、高度な知識と考え方が求められているところに強い魅力とやりがいを感じ、将来は会計を専門とする仕事をしたいと決意しました。会計を専門的に学んだことがなく、一から知識を習得すると共に、経験豊富な教授や実務家の方の指導のもとでより深く専門性を高めたいと考え、本研究科に入学しました。
 本研究科の魅力は、考えることを大切にし、教授と学生の双方向の指導があることだと思います。授業では単に知識を教わるだけでなく、自分はどう考えるかということが絶えず問われます。授業やゼミにおける事例演習、エクスターンシップなどの実践的経験を通じてさまざまな分野に興味を持ち、より深くまで調べ追求するという積極的な姿勢が身につきました。
 進路についても悩みや不安はありましたが、本研究科の先生方に多くのアドバイスをいただき、公共に貢献する幅広い仕事がしたいという自分の気持ちに従い、国税専門官に挑戦することを決意しました。先生方から時間を惜しまず親身にサポートしていただいたことはとても心強く、努力を継続し最終的に夢を実現することができました。共に学ぶ仲間とも勉強の相談をし、励ましあって互いを高めることができ、こうした環境がある本研究科は学問をするのに最適な環境です。
 今後は本研究科での経験を活かし、高い専門性と倫理観を備えた社会に貢献できる会計プロフェッションになれるようさらに努力していきます。
社会人学生と時間を共有し
充実した環境で有意義な経験ができました

狩野 将史 Masafumi KARINO

2019年3月修了
税理士法人山田&パートナーズ勤務

Message
 私は、大学4年生の頃に税理士資格取得を目指しはじめました。そして、「高度な職業専門家の養成」を掲げる本研究科を知り、会計・税法について基礎から応用まで体系的に学べることから、税理士資格取得後のことも考え大学院への進学を考えるようになりました。
 本研究科に入学した直後は、必修科目等がハードで大変だと感じることが多々ありましたが、修了して振り返ると、知識が身についただけでなく、物事を多角的な角度から捉えられるようになり、自ら考える習慣がつくようになりました。
 本研究科の5階には自習室が完備されており、そこには私と同じように税理士や会計士を目指している仲間が大勢いました。本研究科へ入学してよかったと感じたことは、講義や演習など実践的な教育に加え、税理士や会計士といった資格試験取得を目指す仲間がいて、一緒に同じ目標に向かって切磋琢磨できたことです。特に、社会人学生の方からは仕事や資格取得の苦労話や成功談を聴くことができ、非常に有意義な経験でした。自習室は、充実した学びの場であり、時に苦労を分かち合うコミュニケーションの場でもありました。そのような充実した環境を最大限活用できたと改めて実感しています。
 私にとって本研究科で過ごした2年間はとても充実した濃い2年間であり、本研究科に入学してよかったと思います。これからは、本研究科で学んだことを活かして、理想とする税理士になれるように日々奮闘していきたいと思います。
GSPAでの地道な努力を土台に
国際的な会計プロフェッションへ

劉 奇軒 LIU Chi Hsuan

2018年3月修了
株式会社東芝 勤務

Message
 私は、台湾から参りました留学生です。本国の大学の商学部・会計学科に入学し、4年間にわたり、台湾の会計、監査、企業法の基礎を習得しました。しかし、会計原則や監査論などの知識は日進月歩で変化し、また、近年、世界的にコーポレート・ガバナンスの重要性が盛んに論じられるようになっている中、最先端の会計や監査の知識をより深く学習したいと考え、日本に留学することを決意し、本研究科に入学しました。

 本研究科を選んだ理由は、二つあります。一つは、学生の進路に応じた多様なカリキュラムが用意され、会計プロフェッションとしての能力を身につけることができると思ったこと、二つ目は、本研究科で会計英語の授業やUSCPA試験の対策講座を受講でき、本研究科が国際的な会計人材を育成することに力を入れていたことにあります。また、少人数ゼミを通じての指導教官との率直な意見交換は、自らの論理的思考に大変有意義であったと感じています。実際、本研究科での2年間で、資本市場における会計プロフェッションの役割を理解し、会計学や監査論、企業法における知識や考え方を習得することに努力したお蔭で、こうして日本で就職先を決めることができ、USCPAの資格取得に向けた将来への土台もできたと思っています。

 今後、本研究科で学習した知識・経験を職場や社会で活かし、社会から信頼される会計プロフェッションになるよう成長したいと思っています。
「考える習慣」に
磨きをかけることができました。

小林 学 Manabu KOBAYASHI

2016年3月修了
会計検査院 勤務

Message
私は、会計検査院に勤めております。会計検査院は、国の収入支出の決算、政府関係機関・独立行政法人等の会計、国が補助金等の財政援助を与えているものの会計などの検査を行う憲法上の独立した機関です。検査の対象はいわゆる公会計と呼ばれる分野が中心となりますが、近年、職務においても企業会計についての専門的な知識が必要とされる機会が増えてきたことや、公認会計士監査についての知識を職務にも活かせるのではないかと思い本研究科に進学いたしました。

本研究科の大きな特徴は、会計プロフェッションに求められる基礎的なカリキュラムから会計以外の専門的なカリキュラムまで幅広く設けられていることだと思います。会計以外の専門的な知見を深めることは、会計プロフェッションとして実際の現場で活躍する上で大きなアドバンテージになるのではと感じています。私は、ITを利用した監査技法やシステム監査に関心を持っていたので、これらに関する科目を多く履修しました。また、教職員の方との距離が近いことも本研究科の魅力の1つだと思います。ゼミ形式の演習や事例研究等の科目では、著名な教職員の方と議論を深めることができ、単に理解するだけでなく「考える習慣」に磨きをかけることができたと感じています。以上のように、本研究科での2年間のインプットは必ずアウトプットにつながる貴重な経験だと感じています。
経験豊かな教授陣の指導により
実務への理解が深まりました

大瀧 雄介 Yusuke OTAKI

2015年3月修了
会計検査院 勤務

Message
私は国の会計検査を行う機関である会計検査院に勤めています。会計検査院では、国のすべての会計のほか、国が出資している政府関係機関、独立行政法人などの法人や、国が補助金、貸付金その他の財政援助をしている都道府県、市町村、各種団体などの検査を行っています。

本研究科で企業会計に関する知識を習得し、公認会計士の監査業務を理解することで、より効果的な国の検査を行えるのではないかと考えたことが進学を決めた理由です。

本研究科は、科目が多岐にわたり実務家の先生も多く、自身の目的に応じてカリキュラムを組み立てることが出来るのが特徴的だと思います。私の場合、会計士実務やIT事例研究など、会計専門職大学院であるからこそ学べる実践的な講義を中心に履修しました。

その中で特に印象的だったのは、本研究科の特徴的なプログラムでもある「エクスターンシップ」に参加できたことです。エクスターンシップで、監査法人の現場を体験することで、公認会計士の監査実務を理解するとともに、監査論の講義で学んだ理論を、実務を通じてより深く理解することが出来ました。

本研究科で、会計や監査に関する知識をより深く習得できたことは勿論のこと、ここに来なければ出会うことのなかった多くの学生達や教職員の方々にお会いし、様々な刺激を受けたことは、自分自身の今後の成長にも繋がっていくのではないかと感じています。